注文住宅なら住みたいが全て形にすることができる

つみき

家を持つなら

住宅

観光地として知名度が高い鎌倉は、幕府が設置されたこともある歴史ある街です。ここに住んでいる方は首都圏で働いている方も多く、ベットタウン化が進行しつつあります。そこで中古一戸建ての購入を検討している方は、家の雰囲気を確認しておくといいでしょう。

もっと読む

寒さに負けない住宅

見取り図

厚みのある断熱材を使用

山形は、年間の平均降雪量が4メートル以上ということで、豪雪地帯として指定されている地域です。そのため山形では、寒さから身を守ることのできる注文住宅に、高い需要があります。昨今では床や壁などに、厚さ50〜80ミリほどの断熱材を入れる戸建て住宅が増えていますが、注文住宅にすれば、さらに多くの断熱材を入れることが可能となります。具体的には、100〜200ミリもの厚みがある断熱材を使用できるのです。これにより、屋外の寒さの影響を多くは受けずに生活することができるようになります。また山形では、屋根の上に雪が降り積もることが多く、屋外の寒さは天井からも入ってきます。そのため山形の注文住宅では、天井にも厚みのある断熱材がよく入れられています。

屋根や基礎における工夫

山形では、屋根に降り積もった雪の重みで、住宅が劣化することがあります。そのため山形の注文住宅では、雪が多く乗らないような工夫も凝らされています。具体的には、落雪式と呼ばれている、急勾配の屋根が取り付けられているのです。降ってきた雪は、傾斜により降り積もることなく自然に滑り落ちていきます。その分住宅は重みから守られやすくなりますし、もちろん雪おろしの必要性も少なくなるのです。さらに、山形では地面の水分が凍ることで、地面そのものが膨らんで、住宅に悪影響を与えることもあります。そのため山形の注文住宅では、凍結しない深さまで地面を掘り、そこから基礎の建築がおこなわれます。こうすることで、地面の凍結に負けない頑丈な住宅となるのです。

大阪で暮らすためには

家

大阪市は交通のアクセスにも優れており、周辺の設備も整っています。一戸建て住宅を建てた後も快適な生活を送ることができるため、多くの人に選ばれる都市です。ハウスメーカーなどの選択肢も豊富なため、品質の良い家が買えます。

もっと読む

交通の便や環境の良さ

エクステリア

川西は、大阪と宝塚にアクセスしやすい上に、それらよりも土地の価格が安い都市です。さらに緑が多く、環境も良いため、川西の新築一戸建ては人気となっています。付近に名門校があることから、教育レベルが高めですし、子育て支援もさかんです。そのため、子供のために川西で新築一戸建てを購入するという人も多くいます。

もっと読む